自宅で雨漏りが発生した場合は雨漏り修理を依頼しましょう
雨漏りを防ぐには紫外線投射発光調査を有効活用する必要があります
紫外線投射発光調査は精度の高い調査方法と言えます
調査を行なう際は適切な流れで雨漏り調査を依頼する必要があります

雨漏り修理を行なう前に調査を実行

発光塗料を使用した画期的な雨漏りの調査方法

業者

発光塗料を利用した雨漏り調査は雨漏り箇所を特定するのにとても有効であり、現在では多くの業者がこの調査方法を取り扱うようになってきました。紫外線投射発光調査がどのようなものか、プロの解説をみてみましょう。

雨漏り修理のプロの解説

どんな雨漏りでも確実にわかる調査(雨漏り修理歴20年)

雨漏り調査を実施しても浸水場所がわかりにくかったり、雨漏りの規模が小さいと発生箇所が特定できなかったりすることがあります。しかし紫外線投射発光調査で使用する液体は紫外線に反応して光るため、屋根裏から紫外線を照射すればはっきりと浸水箇所を特定することが可能です。確実に屋根の修理を完了させておきたい時に適しています。

人体にも家にも無害な調査です(雨漏り修理歴15年)

紫外線投射発光調査はどのような建物でも実施することが可能であり、コンクリート製の建物や鉄骨作りの建物にも使用できます。また雨が降っていない時にも調査を行なうことができ、調査液に着色成分は一切含まれていないため住宅の外観を変化させる心配もありません。また人体への悪影響もないため、安心して使用することが可能です。

住宅を劣化させる紫外線を利用する

紫外線は色の分子を分解する効果を持っているため、建物の色は徐々に色あせていきます。場合によっては屋根の塗装が剥がれてしまうこともあるため、住宅の経年劣化を防ぐには紫外線対策を行なって住宅を守らなければなりません。紫外線による劣化で住宅の屋根が劣化してきた場合は、紫外線投射発光調査を実施することで雨漏りが発生していないかを調べてみましょう。こうした対応を行なっておけば、修理にかかる費用や時間を節約することが可能です。

TOPボタン