自宅で雨漏りが発生した場合は雨漏り修理を依頼しましょう
雨漏りを防ぐには紫外線投射発光調査を有効活用する必要があります
紫外線投射発光調査は精度の高い調査方法と言えます
調査を行なう際は適切な流れで雨漏り調査を依頼する必要があります

雨漏り修理を実施

雨漏り修理が必要になる原因は住宅によって様々

男性

雨漏り修理を行なう際はまず屋根の状態を確認し、原因を特定しておくことがとても重要です。きちんと原因を特定せずに雨漏り修理を行なうと、施工後も雨漏りが発生してしまいます。きちんと屋根のチェックは行なっておきましょう。

経年劣化
住宅の屋根は雨や風の影響を防ぐのに重要な役割を果たしていますが、長い間利用していると経年劣化が発生してしまいます。経年劣化が発生すると屋根の機能が大幅に低下してしまい、雨や風をしっかり防ぐことができないため、状況によっては雨漏り修理が必要になります。
施工不良
天窓やベランダなどの場所から雨漏りが発生してしまうのは、施工不良が原因であることが多いです。きちんと雨仕舞の作りが行なわれていなかったり、防水コーキングが施されていなかったりすると隙間から雨水が侵入してしまいます。防水コーキング工事が得意な業者に雨漏り修理を依頼すると、雨漏り症状を改善することが出来ます。
屋根瓦のズレやひび割れ
昔ながらの造りで作られた住宅は屋根に瓦を使用していることが多いですが、台風などの影響を受けると瓦にずれや割れなどのトラブルが発生してしまいます。雨漏りの発生を未然に防ぐためにも、雨漏り修理を取り扱っている専門業者に屋根の瓦の点検をしてもらいましょう。
コーキング材の劣化
屋根材を接着する際に使用されるコーキング剤は、接着する建材の材質や風の振動によって剥がれてしまうことがあります。コーキング剤が剥がれると屋根材の間に隙間が発生し、そこから雨漏りが発生してしまう可能性が高いです。
漆喰の崩れ
瓦の接着などに利用されている漆喰は風の影響を受けやすい場所に使用されているため、強い風を受け続けるとひび割れが生じてしまうことがあります。漆喰に割れが発生していた場合は、すぐに修理を行なっておくのが適切です。

住宅に雨漏りが発生してしまうと木材が濡れてしまい、住宅の耐久性が低下して日常生活に悪影響が出てしまいます。雨漏りの発生を防ぐためには、まずこうしたトラブルが発生してしまう原因を確認しておかねばなりません。

雨漏り修理は調査が肝心

女性

雨漏り修理を行なう際はまず業者の方に調査を依頼し、浸水が発生している場所を特定する必要があります。雨漏り調査の方法にはいろいろな種類が存在しており、それぞれの目的に合わせて調査方法を選択することが可能です。

  • 目視による調査
  • 散水調査
  • 紫外線調査
  • 赤外線カメラ調査

目視による調査

雨が降った後に業者が目視で屋根をチェックし、どの場所から雨漏りが発生しているか特定する調査方法です。調査を行なう方の経験が重要になる調査方法のため、実施する際は調査に適した業者を探さなければいけません。

散水調査

晴天時に散水を行なうことで屋根の状態をチェックし、どの場所から水が侵入しているのか調べるのが散水調査です。雨漏り調査に詳しい業者と一緒に調査を行なえば、しっかりと雨漏りの発生箇所を特定して修理を実行することができます。

紫外線投射発光調査

紫外線投射発光調査は専用の調査液を散布して後に屋根裏などの場所で紫外線を照射し、雨漏りの発生場所を特定する調査方法です。調査液を利用するためスムーズに調査を進めやすく、調査を実施する際には手間もかかりません。

赤外線カメラ調査

この調査方法は建物を赤外線カメラで撮影することで雨漏りの場所を特定する方法であり、建物を傷つけることなく調査を完了させることができます。住宅をカメラで撮影するだけなので、調査にかかる時間も短縮することが可能です。

TOPボタン